還元率の高いクレジットカードに切り替える

setsuyaku

クレジットカードは色々なものが出ていますが、還元率の高くないカードを使っている人は、還元率の高いカードに切り替えましょう。何も気にせずにクレジットカードを作っていると還元率は0.5〜1%だったりします。

しかし今は、1.75〜2%のクレジットカードがあります。高還元率なカードの中で自分にあったものを選択しましょう!

おすすめはリクルートカードプラスです。還元率が2%と他の追随を許さない高還元率!nanacoチャージでもポイントが貯まるため、色んな裏ワザができちゃいます。

リクルートカードプラス


以前は還元率1.75%、ポイントはカード払いの代金と相殺してくれて使い勝手のいい漢方スタイルクラブカードをメインに使っていましたが、還元率が改悪され(1.5%にさがりました)リクルートカードプラスに乗り換えました。

高還元率カードランキング

カード名還元率ポイントの使い勝手その他特典年会費
漢方スタイルクラブカード1.75%カードショッピング利用金額から、Jデポ金額を差し引いて請求するシステム。初年度無料、2年目以降1500円+税
リクルートカードプラス2.00%リクルートポイントとして付与。リクルートのサービスに使用可能。またPontaポイントと提携したため、ローソンなどで使用可能。10,000円分ポイントプレゼント2,000円+税、家族カード1,000円+税
リーダーズカード1.8%Amazon限定デポジットなら1.8%、Jデポなら1.5%初年度無料、2年目以降カード使用額が50万円ならば無料

nanacoチャージ→QUOカードで3.8%オフができる数少ないカード

リクルートカードは、nanacoチャージをしたときにクレジットポイントが2%つきます。※nanacoチャージ時にポイントがつくクレジットカードは少ないです。

このnanacoをつかって、セブンで1万円のQUOカードを購入するとQUOカードは一万円しか払っていないのに、10180円分使えるQUOカードを買うことができます。180円分のプレミアムがついています。

10,000支払ってクレジットカードに2%のポイントがつき、そして180円分のQUOカードのおまけ分を合算すると10,000円に対して、3.8%(380円)のおまけがついていると考える事ができます。ポイントの二重取りでとってもお得だですね♪

QUOカードは守備範囲が広くまあまあ使い勝手がいいです。

ガスト、バーミヤンなどすかいらーく系列のファミレスや、マツキヨなど生活に欠かせないお店で使えます。もちろんお店ごとのクーポンと併用できるので、さらなる値引きが可能です。

クレジット払いできない公共料金も、nanacoと併用でクレジットポイントをつけることができる!

このリクルートカードで、nanacoチャージというワザを使うと、クレジット払い出来ない公共料金もほとんどがクレジットポイントをつけることができてしまいます。勘の良い方ならお気づきだと思うのですが、公共料金をコンビニ払いにしてもらい、セブンでnanacoで支払いをします。

nanacoのポイントはつかないのですが、クレジットカードでnanacoにチャージした時点でクレジットカードにポイントがついています。

セブンのレジでは「nanacoボイントはつきませんがよろしいでしょうか?」と言われ「あれ?ボイントつかないの?」と思う人もいたかと思いますが、そのとおりです。nanacoポイントはつきません。ですが、クレジットカードのポイントがついていますので安心してください。

漢方カードの良い点。ポイントが使いやすい!Jデポというカード代の請求時の金額から差し引いてくれる

クレジットカードはポイントの使いやすさがキモになります。
リーダーズカードはポイントをアマゾンで使うことになります。Amazon限定デポジットといって、Amazonでの購入費用からデポジット分を差し引いて請求が来るシステムです。

自動的に差し引いてくれるのはありがたいのですが、Amazonデポジットの有効期限が3ヶ月しかなく、しかもAmazonデポジットへ交換をした直後に使えるわけではなく、すこし後に使えるようになる仕組みなんです。

そうすると、「あれっ?Amazonデポジット使いきったっけ?」と心配することが何度かありました。

それに対して、漢方スタイルクラブカードはカードの支払い代金から差し引いてくれるので、対象となる店舗があるわけではありません。

デポジットを使い切れないということは、カードを使う人にとってほぼ100%起こりえないです。

これはとっても気が楽です。

楽天カードのように、楽天ポイントで付与されると余計な買い物をしなければなりません。リーダーズカードのAmazonデポジットも同様です。

それに対して、漢方はカード払いしたものから差し引いてくれるので、ポイントを使うために余計な買い物をする必要はありません。

節約をするためにポイントのはずは、ポイントを使うためにかえって消費しなければならないという皮肉な結果になることを防げるのです。

↓漢方スタイルクラブカードのお申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。