積立投資でお金を増やす

setsuyaku

銀行にただ預けていてもお金は増えません。多少のリスクはありますが投資をしてお金を増やしましょう。

投資というと個別株をイメージする人が多いですが、オススメなのは投資信託です。

投資信託とはプロのファンドマネージャーが、僕達のかわりに投資をしてくれます。

  • 500円など低額からスタートできること
  • 毎月いくらと設定すると自動積立ができる
  • 500円と低額でも、日本全体、世界全体の株に分散投資ができる(1社の業績に左右されないので、リスクが下がる)

と色々と良いことがあります。

月2〜3万円でもいいので、まずは投資信託を始めてみましょう!

1.証券会社に口座を開く

とっても簡単です。銀行に口座を開くのと同じような感覚です。

おすすめの証券会社の口座は、

  • SBI証券
  • カブドットコム
  • マネックス証券

です。手数料が最安クラス、扱っている投資信託の本数が多い、Webサイトが使いやすいことがおすすめの理由です。

僕は3つのサイトの他に、松井証券、楽天証券、野村證券、丸三証券などの口座を開いていますが、一番使いやすいのはSBI証券です。

2.いくら投資信託を積立てるかを決める

貯金する金額の内、いくらを投資信託にあてるかを決めます。

銀行預金のことを安全資産、投資信託など値動きをするものをリスク資産といいますが、まずは安全資産とリスク資産の比率を決めます。

僕は現状、リスク資産:安全資産=5:5の比率になっています。

もっと攻めたいならリスク資産の比率を上げればいいですし、安全に行きたいなら安全資産の比率を上げればいいです。

3.どの投資信託を買うか決める

投資は、分散投資をしてリスクを下げながらリターンを高めるのが基本になります。

個人投資家で、それほど投資に回せるお金がない場合には投資信託を買ってリスクを下げます。

基本的には、

  • 日本株式
  • 外国株式
  • 日本債券
  • 外国債券

の4資産に分散すればよいかと思います。始めての人は4分の1ずつ買えばよいでしょう。

それぞれのジャンルでのおすすめの投資信託は以下です。

  • (日本株式)三井住友TAM-日本株式インデックスe
  • (外国株式)ニッセイ外国株式インデックス
  • (日本債券)三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン
  • (外国債券)ニッセイ外国債券インデックスファンド

購入時の手数料が無料(ノーロード)で、信託報酬(投資信託には必ずかかる年会費のようなもの)が安いものを選んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。