DIYでテレビを壁掛けにしたよ

こんにちは、館山市のブロガー小池てっぺいです。

我が家にはTVを見る部屋が1つだけあるのですが、こんな感じでごちゃごちゃしています。

カラーボックスを横において、それをTVラック代わりにしているのですが、スピーカーとか収まりきらないし、寝転がってTVを見ると、少し高い。

だから首が疲れちゃいます。

 

そこで、TV壁掛けにして、見た目スッキリ高さピッタリを目指します!

 

コレ↓を使って壁掛けにします。

 

色は、黒、白、シルバーの3色から選べます。5,000円前後。

 

まずは下地探し

壁にビス(ネジ)を打って、壁かけにするのですが、どこにでもビスが打てるわけではありません。

壁は、石膏(せっこう)ボードという、ビス(ネジ)がとまらない素材でできているので、間にある木を探します。

下地探しは、こういうの↓を使います。

シンワ測定 下地センサー HG-センタービジョン 78578
シンワ測定
売り上げランキング: 24,682

 

壁にあてて、下地があるとピーってなります。

そこに鉛筆で印をつけておきます。

 

水平になるように線を引く

水平にTVがかかっていないと、気持ち悪いです。

水平になるように墨出し(水平の線を引くこと)をします。

レーザーで、簡単に水平の線を映す機械もあります。

簡単なのでこれ、使っています。

 

水平になるように壁受けの金具をとりつける

線を目安して、水平の線を鉛筆で引いています。

金具を水平にとめるのは結構難しいです。

コツは、右上はアバウトとめて、左上をとめるときにキチンと水平にして、ビスをとめること。

 

最初は、右上をとめるときにズレないよう、ズレないよう慎重にやっていたのですが、めちゃくちゃ時間がかかりました。

右上をとめたあとに、上に水平器をおいて、確かめて左上のビスをとめる。

早いし、正確にできます。

 

水平器は真ん中に泡がくればOK

水平器は、真ん中に空気の泡がくればOK。

 

金具が壁についたら、TVの裏についている金具を引っ掛ければ完成!

かなり安定しているのでびくともしません。

左右に10cmはスライドできるので、多少の調整はできます。

また、画面の角度も、多少調整がききます。

引用元 Amazon

壁掛けにかかった費用

  1. 壁掛けの金具 5,000円
  2. 所要時間1時間

 

TVラックを買うことも検討していたのですが、ちょうどいい高さのものがない。1万円以内だと安っぽい、ということで、壁掛けにしました。

高さも、見た目も大満足です!

ビフォー・アフター

 

うん、大分スッキリ!

ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。