お金を貯めるために、固定費のダイエットをする

docomo利用料

固定費は一度見直すとその後ずっと節約になるので、節約効果が高いです。

  • 保険
  • 携帯電話
  • プロバイダー
  • 家賃

など、固定費は色々とありますが、見直しやすいのは保険料、携帯電話代でしょう。とくに携帯電話代は、スマホの普及に伴い、月々の料金が上がっています。

今どきのガラケーの契約の仕方

ガラケーはオプションはまったくつけず、imodeもはずしています。メールは、ケータイのメアドがないのでPCメール(gmail)を使用しています。

imodeは月300円かかりますし、ソフトウェアの更新などでなんだかんだ月200円分くらいパケットを使ってしまいます。色々と更新をとめたりと工夫をしているつもりですが、なかなかこの金額が減りませんでした。

そこで思い切ってimodeを外してしまおうと。mydocomoからはなぜか外せないので、コールセンターに電話をして外してもらいました。

↓docomoの明細。
docomo利用料

ユニバーサルサービスは外せないのでつけていますが、その他オプションはまったくなし。

スマホを格安スマホに代えて年10万円の節約!

スマホの月額1万円に対し、格安スマホなら月2千円。✕12ヶ月で計算するとスマホ12万円vs格安スマホ2.4万円。約10万円の差があります!

格安スマホはASUSのzenfone5を3万円で購入し、ビックsim月900円(税抜)で運用しています。通信量の制限があるのですが(月3ギガ)家はWi-Fiが飛んでいますので、まったく減りません。余った分は翌月に繰り越せるので、いつも月初は5ギガぐらいあります。

ガラケーが2,400円、スマホが980円。合計3,400円!カケホーダイの高品質の通話付きという状況です。

僕は個人事業主で30分をこえる電話をしたり、お客さんとの電話をしたりするので通話が多いため2台持ちですが、格安スマホ1台でも充分だと思います。

ビックsimにも通話付きプランがありますし、ナンバーポータビリティで電話番号を買えずに乗り換えすることもできます。(通話付きで月2千円程度。)

端末(スマホ)を自分で買わなきゃならないのですが、docomoのスマホを使っている方であれば、ビックsimはそのまま挿せるそうです(機種による)。唯一テザリングが使えないという機能制限がありますが、テザリングを使わない方はいいですよね!

家族で使えるファミリーシェアが気になる

音声つきで月3,260円というファミリーシェアプランが気になります。妻がスマホに変えたら、これにしたいですね!

スクリーンショット 2015 10 20 12 13 03

スマホはやめられるのか?

僕はスマホから、ガラケーに変更したのですが、スマホ使用時は月8,000〜12,000円かかっていました。そこそこのヘビーユーザーで、暇さえあればスマホをいじっていましたし、とても便利だと感じていました。iPhoneの3GS(2代目iPhone)の発売日(2009年6月9日)に予約購入し、それ以来の付き合いでした。生活の一部となっていましたし、割りと早くからスマホを活用している僕がスマホをやめると言ったときは、周りの友人はおどろきました。

でも、通信費の高さに、疑問を感じ、ガラケーに変更したのです。今はdocomoのガラケーを、カケ・ホーダイ+格安スマホを使っています。

スマホをやめてからの生活の変化

時間が増えました。スマホって便利ですけど、文字入力に時間がかかります。もちろんフリック入力を駆使してかなりのスピードで文字入力をしていたつもりですが、PCでブラインドタッチで入力するほうが早いです。「その場ですぐ」というのはできなくなりましたが、計画性をよりもてるようになりました。
→その後、スマホがないことの不便さ(twitter、Facebookへの即時投稿ができない)を感じ、格安スマホを買い足しました(^_^;)SNSをやっていなければスマホなし、ガラケー+ノートPCでいける気がします。

通信費に数万円使っているというのは、僕はムダではないかと思います。思い切ってスマホをやめることで、貯まる仕組みを強化してみはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。