車社会の田舎に住んでいるけど、車を1台減らしてみる。

こんにちは、館山市のブロガー小池哲平です。

我が家は、千葉県館山市という田舎の町にあります。人口50,000人程度の街で、完全なる車社会です。大人1人に車1台というのが当たり前の街なのですが、車を思い切って手放すことにしてみました。

今は二台あり、妻と僕がそれぞれ1台ずつ車にのっています。

ですが、車はやはり金食い虫。

  • ガソリン
  • 2年に一回の車検
  • 定期的なエンジンオイルの交換。
  • タイヤ交換
  • ワイパーのゴム、エアコンフィルターの交換

などちょこちょことお金がかかってきます。

 

概算で、車にかかっている費用を計算してみました。

  • ガソリン代:5,000円〜10,000円(月)
  • 2年に一回の車検:70,000円(2年に1回)
  • 定期的なエンジンオイルの交換。4,000円✕年2回
  • タイヤ交換:30,000万円。5年に1回
  • ワイパーのゴム、エアコンフィルターの交換:5,000円。5年に1回。

年間17万円月1.4万円!

 

今年から自宅が職場になったのですが、それもあって、ほとんど車に乗る機会がなくなりました。

 

タクシーを使ったほうが安上がり

いざと言う時は多少困るのですが、なるべく自転車で移動して、本当にどうしようもない時はタクシーを使うと言う形で行けるかなぁと思ってます。

 

タクシー代は高いのでもったいないような気もしますが、それよりも車を持っている方がもっとお金がかかります。

 

さっきの計算によると、車をもっていると月1.4万円かかっているので、 月に数回タクシーに乗ったほうが安いです。

 

ただ、タクシーを呼ぶのは、それなりにめんどくさいです。(普段使っていないので。)

タクシーを呼ぶことがめんどくさくなくなるように、対策をする必要があります。

 

館山市でも、スマホからタクシーを呼べる

まさかなぁと思ったのですが、スマホからタクシーがよべます。Uberとかの配車アプリは、ほとんど都内に限られています。

館山はないだろうなぁ…でも一応調べてみるか。とあまり期待をせずに調べてみたら、館山市が対応しているという奇跡!(館山市というか館山中央交通という会社が対応しています。)

<参考>全国タクシー https://japantaxi.jp/partners/

「全国タクシー」というアプリをインストールすれば、地図からタクシーを出ます。迎車をお願いするときに、住所で説明したり、電話をかける手間が省けます。今度実験してみたいと思います。

 

車があると運動しなくなる

1日に8,000歩、歩いていると 病気になるリスクが減ります。なのでなるべく日々運動したほうがいいです。でも車があるとちょっとした移動でも、車に乗ってしまいます。

車をなくすことで、歩かざるを得ない状況を作れるかと思います。

また1キロ、2キロ歩くとなるとちょっとしんどいので、クロスバイクを買いました。スピードが出て、気分も上がるクロスバイクならば、ちょっとした運動になります。

ロードバイクと、クロスバイクの違いはよくわからなかったのですが、クロスバイクの方が少しタイヤが太くて、街乗りに適しているそう。

ママチャリと比べると、同じ力でこいだときに2倍スピードがでる感じ。

 

ママチャリの平均速度 15km/h

クロスバイクの平均速度 22km/h

参考 http://bicycle-post.jp/pwk0000610-post/

実際に調べてみたら、2 倍はいいすぎでした。でも体感ではかなりスピードが出ます。

 

駐車場もあく

我が家には、車を3台停められる駐車場があります。でも、そのうち二台は家の車がいつも止まっています。なのでお客さんの停められるスペースは1台だけ。お客さんが2組以上くるときは、いつも困っていました。でも車を1台に減らせば、その分の駐車スペースも開きます。

 

まとめ

車を持っているとお金がかかる

タクシーや、自転車(クロスバイク)を活用して、お金を節約しながら健康を手に入れることができる(はず)。

 

ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。