あえてリターンから始めることで、2−0にする

ウイニングアグリー。この本を読んでメチャクチャ使っていることがあります。それは、サーブレシーブを決めるトスに買ったらあえてリターンを選択するということです。立ち上がりのサーブは難しい。肩があたたまるまでは思い通りのサーブはうてません。それなのにサーブは有利だからキープしなきゃという気持ちになります。きついです。

相手にサーブを先に打たせて、ブレークできれば、その後はリターンをしてあたたまりつつある状態でサーブできるのでかなり優位に薦められます。

最近、実力が同じぐらいのテニス仲間とも、リターンを選択して相手サーブブレーク、自分のサーブキープと2−0から始められることが多くなりました。

リターンから試合をスタートする。オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。