ほったらかし流 3つの家計管理方法

ほったらかし節約流、家計の管理の仕方はとってもシンプルです。

1. 200万円を手元に残す
2. 給料の3分の1を天引き貯金
3. マネーフォワードで比べる
の3段階です。

1. 200万円を手元に残す

まず200万円手元に残すことは非常に重要です。急な出費があっても、うろたえずに済むからです。もし30万円程度しか手元にないとカードの引き落としのたびに、来月は大丈夫か?と頭を悩ませたり、定期預金を解約してカードの引き落しに備えたり、車の購入など大きな出費があるときにいちいちどこからそのお金を持ってくるかやりくりしなければなりません。余計な手間が増えます。また急な病気に備えるために医療保険に入らなければならなくなるかもしれません。手元に微妙にお金がないことで、余計な出費がかえって増えてしまうことか有ります。

なので手元に200万円ない人は余計な投資や、余計な保険に入らず、まずは200万円手元にお金を作ることに全力を注いでみてください。

我が家も家を建てたときになるべく頭金を多く作りたかったので、100万円を残しあとは全て住宅購入費に当ててしまいました。すると、住宅購入費に含まれていない別工事の支払いが30万円出てきたり、クレジットカードの支払いが50万円(住宅購入したので家具など一時的支払いが増えました(^_^;))あったりと、100万円で払いきれるのか不安で不安でたまりませんでした。

そのたびに何度も電卓を叩き、エクセルに支払いリストを作ったり、キャッシュフロー表(というのでしょうか?)を作ったりと余計な作業が沢山発生しました。お金の心配にかけている時間がもったいない、この時間を仕事に使えばお金を生み出せるのに、家族と一緒に幸せな時間を過ごせるのに、と不毛さを感じました。

ちょっとぐらいのことではうろたえずにすむお金。それは我が家の場合、なんとなく200万円だったのです。

2. 給料の3分の1を天引き貯金

次に給料の3分の1を天引き貯金します。我が家は
・401kに6.7万円
・小規模企業共済に2万円
・NISAに20万円(投資信託の自動積立)
の積み立てをして、給与の3分の1程度を天引きしています。

全て天引きされるので、積み立て忘れはありません。いつも気が付くと口座のお金が減っていて、「ああ積み立てられたんだな」と気がつく程度です。

一度設定してしまえば、まったくなんの労力もかかりません。今月は「ピンチだから。」「日経平均が下降しているから。」など、自分の弱気が介入する余地もありません。何も考えずに自動的に積み立てられていきます。

資産をふやすのに、この強制力が最高にいいのです。人は気まぐれです。どうしても、「今月結婚式2件あるし今月は積み立てお休みで。」とかなんか理由付けして、積み立てをやめてしまうかもしれません。でも天引きであればそうなることはありません。多少支出が多い月があっても200万円が、カバーしてくれます。翌月は平常運転に戻っています。ここで200万円が効いてくるんですね!

3. マネーフォワードで比べる

基本ほったらかしでいいのですが、たまーにチェックしてあげましょう。うまく言っていなければ修正が必要です。

僕はマネーフォワードで、1ヶ月前の資産と、今の資産を比べています。

スクリーンショット 2015 10 29 1 46 52

マネーフォワードのトップページの下部にこんな画面があります。これで比べています。ここが少しでも伸びていればうまくいっています。(これは実際の僕の画面なのですが、うまくいっているようです^^)

積み立て口座はあえて見ない

マネーフォワードは証券口座なども全てのってくるのですが、積み立て口座はあえて外しています。なので積み立てを除いた資産が、1ヶ月前より増えているのかチェックしているのです。

積み立てまで見てしまうと、手元現金以外も入ってしまい手元現金が200万円あるかのチェックがパッと見ですぐにはわかりません。200万円を切っていても、「積み立てがたくさんあるからいいか」という油断を生むような気がします。なので、あえて積み立ては見えないようにはずしています。

マネーフォワードはたくさんの数字が見れて面白いのですが、あまりここばかり見ていても意味はありません。管理に時間をかけすぎてもほったらかしで余暇となる時間をたくさん作りたい。仕事に集中する時間をめいいっぱいとりたい。そんな思いを持っているほったらかし投資術の本質から外れてきます。

僕も昔は家計簿をつけたり、エクセルに複雑なシートをつくったりしたのですが、これいじっている時間がもったいないなと感じました。これをいじったところでそれほど改善されるわけではないです。

家計管理の方法はシンプルに、それでいて効果的でありたいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。