スマッシュも手首を背屈させて体の前で打つ

setsuyaku

スマッシュが急にうまくなりました。

これはスクールでコーチに教わったのですが、左手を歌舞伎役者の用に前に出してセット。

打つときにも顔の前ぐらいの低い位置でできるだけ前でボールを捉えます。

 

顔の前、低い位置で捉えるので、手首を背屈させないと相手コートに返りません。だから手首を背屈させたまま打ちます

手首の背屈がポイントです。

これがメチャクチャ入るんです。

 

高い位置で捉えないとスマッシュが入らなかったのですが、低い位置でもスマッシュができる。

これは相手からしたら脅威ですよね!

 

この低い位置のスマッシュが打てるようになると、高い位置のスマッシュも同じ要領で手首を背屈させて打つようなり、確率が上がりました!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    慶応大学卒業後、リクルートに就職。20代にしてはそれなりの給与をもらっていたが、独立し28才で妻、子どもを抱えている状態で年収200万円に。 めんどくさがりの自分でもできるほったらかし節約術を編み出し、投資の勉強をし、資産を増やし、31才で6,000万円の庭付き一戸建てを買うことができました。友人たちが結婚しだし、僕の「ほったらかし節約術」を伝えていきたいと思いサイトを作りました。